記事一覧

オリンピックのヨット選手が好きな腕時計おすすめブランドおすすめ。

「ハミルトン」は1892年にアメリカで創業した老舗ウォッチブランド。時計スーパーコピー創業初期にはアメリカの鉄道時計や航空時計を生産し、アメリカの産業発展を支えてきたブランドとして知られています。

ハミルトンのビジネス腕時計は、地味すぎず派手すぎない絶妙なバランスのデザインが魅力なので、ぜひチェックしてみてください。

ハミルトン(HAMILTON) ジャズマスター Open Heart Auto H32705141

文字盤からムーブメントの様子がチラリと見える、オープンハート仕様のビジネス腕時計です。暗めのブルーの文字盤と、重厚感のあるステンレスバンドを組み合わせることで、主張しすぎない上品なデザインに仕上がっています。

自動巻きムーブメントは、約80時間のロングパワーリザーブを確保。休日の2日間放置しても止まらないので、仕事の日以外は腕時計を着用しない方にもぴったりです。

防水性能は5気圧防水。メカニカルなデザインが好みの方におすすめのビジネス腕時計です。

ハミルトン(HAMILTON) アメリカン クラシック Intra-Matic Auto Chrono H38416711

1968年に発表された人気モデルのデザインを忠実に再現した復刻モデルです。タグホイヤー 時計 中古ホワイトの文字盤に映えるブラックのクロノグラフが特徴。インデックスの周囲にはタキメーターがあしらわれており、メカニカルな雰囲気を楽しめます。

ムーブメントは自動巻き。使い込むほどに味わいを増すカーフレザーバンドも魅力です。また、10気圧防水も備えているため、気軽に普段使いできます。スーツだけでなく幅広いコーデと相性がよい、おすすめのビジネス腕時計です。

オリンピックのスケート選手が好きな腕時計おすすめ


SBDC103。

お値段の方は、143,000円。

こちらは価格も比較的お手頃で、非常にオーソドックスなダイバーズウォッチになります。

ケースサイズも40.5mmと、これくらいであればスーツにも違和感なく合わせることができるので、ビジネスシーンにもマッチしそうですよ。

この価格帯でも、自動巻きムーブメントを搭載し、200m防水、カーブサファイア風防、約70時間のパワーリザーブとてんこ盛りで、非常にお得感のある1本と言えるでしょう。

ある意味、セイコーらしい1本ですね。


SBDC081。

お値段の方は、93,500円。

ゴツイケース形状や、12時位置にあるインディックスの形状がお相撲さんの大銀杏に見えることから、「SUMO」の相性で知られる、非常に人気の高いモデルですね。

同モデルで黒文字盤もありますが、ブルガリ 時計 レディース夏の日差しに映えるということで、個人的には断然、グリーンダイアルがおすすめです。

ケースサイズは45mmと、かなりマッチョなボディですが、お値段控えめということで、外遊び用のセカンドウォッチとしても、かなり使えるのではないでしょうか。

オリンピック体操選手が好きな腕時計


『グランドセイコー』は、いつかは手に入れたい国産時計の最高峰ブランド。クォーツや機械式では20万円台から手に入るモデルもありますが、40代になったらぜひ所有したいのが「スプリングドライブ」採用モデル。この「スプリングドライブ」は、世界でも『グランドセイコー』しか搭載していないクォーツと機械式を掛け合わせた超絶機構なんです。つまり、機械式の温かみと所有感を持ちながら、クォーツの超高精度を実現しているということ。また、デザインも端正かつ実直そのもので、この時計を着ければ公正で信頼できる人物という雰囲気を演出できます。


40代になったけど、まだ枯れたくない、エッジィな感性は持ち続けたい。そんな人におすすめなのが『ウブロ 時計 中古』です。『ウブロ』は1979年に誕生した新興ブランドですが、今や世界中のセレブリティに愛されている最もホットなブランドといっても過言ではありません。「ビッグバン」は時計の一大トレンドとなっている“ラグジュアリスポーツ”を色濃く体現するモデルです。ベゼルやラグのビス打ち、シャープで立体的なケース形状、ラバーベルトなど、非常にスポーティな一面を持ちながら、サテンとポリッシュを組み合わせた高級感ある磨き分けにより上品なテイストへと昇華されています。まだまだアグレッシブさと風格を持ち併せた、攻める40代にぴったりなモデルです。


300万円を超えてしまいますが、買ってしまったらもう後がないといわれる“アガリ時計”ブランドを紹介しましょう。スイスの老舗『パテック フィリップ』は、時計界の中でも最高峰のステータスを持つといわれ、ユーザーは羨望のまなざしを向けられます。特に型番が“96”で終わるいわゆる「クンロク」モデルは、すべてのドレスウォッチのお手本と呼ばれているモデルなのです。手巻きムーブを採用した薄型の極めてシンプルデザインですが、各パーツの作り込みが導く得もいわれぬ上品な佇まいと高級感は「クンロク」でしか味わえないもの。40代で買えなくとも、40歳に到達したら将来の購入を意識したいモデルです。

思わず熱くなりましたが、「クンロク」ばかりが『パテック フィリップ』ではありません。自動巻きムーブを搭載し、よりオフィサーに向けたモデルとして2013年にリリースされたこちらも、ブランドが“ケースにおけるコンプリケーション”と呼ぶに値するハイエンドな1本。裏蓋スケルトンを採用していながらヒンジ付きの保護カバーによりそれを隠すことも可能と、ドレスと趣味の両方の欲求を満たしてくれる仕掛けも搭載しています。

父の日オリンピックのテコンドー選手が父の腕時計を贈る

プロジェクトは最終的に、オメガの100周年に間に合うように完成し、中央にトゥールビヨンキャリバー1170を搭載したデ・ヴィルで発表された。この時計は2002年にCOSCクロノメーター認定を受け、再度リリースされた。センタートゥールビヨンの米国特許は1995年(第5,608,694号)に取得され、2015年に失効したが、センタートゥールビヨンは非常に希少な存在であることに変わりはないだろう(オメガとは異なる技術的アプローチを用いた注目すべき一例として、ハルディマン・フライング・センタートゥールビヨン H1がある)。

 新作のデ・ヴィル トゥールビヨンはシリアルナンバーが入り、新たなセンタートゥールビヨンムーブメントを採用している。Cal.1170と基本的な構造や技術的な解決策は同じだが、多くの点で新しいムーブメントでもある。これはセンタートゥールビヨン Cal.2640と呼ばれ、3日間パワーリザーブを備えている。

 ケースから取り出してムーブメントを文字盤側から見ると、時分を表示する円盤を駆動するためのシステムが見える。実際の駆動ギアは1時と2時の位置にあり、2枚のディスクを固定する留め具が12時、4時、8時の位置にある。オメガの腕時計これらには2つのディスク用のためにくぼみが2つある。巻き上げとセッティングのためのキーレスワークは、3時位置のスペースの大部分を占めていて、スケルトン化された美しい形のカバープレート(デテントスプリング<板バネ>が内蔵されており、この特定の要素が完成した時計では見えないのは残念だが、これは歴史的に高級時計製造に大きな関心を与えてきたクラフツマンシップの隠れた部分の一つでもあるだろう)。

 2つの主ゼンマイ香箱は、ムーブメントの裏側にあるくぼみの中に目立つように配置されており、パワーリザーブのセクターとしても機能する円弧状のブリッジでつながっている(1994年のオリジナルモデルは自動巻きだが、新型は手巻きだ)。石の配置からすると、香箱は直列に並んでいるように見え、右側の香箱が実際に中央のトゥールビヨンを駆動しているように見える(香箱の宝石と歯車の軸は、ムーブメントの上部3分の1を構成するブリッジの下にある)。プレートとブリッジは全てセドナゴールド製で、ムーブメントのデザインと仕上げには、伝統的な高級仕上げ技術と、より現代的な素材とアプローチの両方が反映されている。従来のジュネーブストライプではなく、フロステッドゴールド仕上げを使用していることは、私の目には、英国の懐中時計の伝統を少し想起させる。これは、コーアクシャル脱進機を発明した名匠ジョージ・ダニエルズ氏(George Daniels)への微妙なオマージュとしてオメガが意図したものなのかどうかは分からないが、確かにこのムーブメントに非常に威厳のある外観を与えており、大きな宝石と高度に研磨されたスティールワークとのコントラストを見せている。

【関連記事】​​​​​​​: 人気新作腕時計が発表され、新商品が発売されました。

オリンピックのテコンドー選手が好きな腕時計です。


ダニエルウェリントンは、2011年にスウェーデンで創業された時計ブランドです。腕時計の駆動をつかさどるムーブメントには、シチズン・ミヨタ製を使用しているという特徴があります。

こちらの「シェフィールド」は、クラシックな雰囲気のシンプルなデザインで人気のシリーズです。ステンレススチールをローズゴールド23金でコーティングしたカラーで、女性に相応しい印象に仕上がっています。

ケースの大きさ36mmは、どの女性の手首にも小さすぎず大きすぎないサイズ感です。高級感があり日常生活防水にも対応しているので、長く愛用できる腕時計として妻や彼女へのギフトに多く選ばれています。


シンプルななかにも主張を求めたい方にぴったりなのがディーゼルのDZ1206 腕時計です。流行にとらわれない斬新なデザインが、多くの支持を集めています。

大きく横に張り出したフェイスがスタイリッシュで、シックなブラックのレザーベルトとのバランスが良い点が人気の理由です。また、10気圧防水加工がされておりちょっとした水濡れにも安心で、さらには便利なカレンダー表示機能も付いています。

とても独特なデザインの腕時計ですが、バランスの良いデザインのため、オンでもオフでも使用することができます。シンプルにまとめたいけれど、どこかアクセントが欲しいときに最適です。


【関連ブランド】:人気のウブロ 腕時計

グランドセイコー、ブレゲ、ブランパン、A.ランゲ&ゾーネ。最高峰の薄型時計を探る

手元の所作を美しく見せる知的な薄型時計
手腕、手練、上手、敏腕など、賞賛の意を込めた手や腕に関する成句は多い。手は体の重要な一部であり、手元の主張は時に言葉以上の説得力をもつ。ゆえに自らのキャラクターを表すメッセージとしての意思ある時計選びが重要となるのだ。

最高峰の薄型時計_メイン
薄学、薄遇、軽薄など、「薄」のつく漢字は何かと悪いイメージに使われがちである。しかしこれが腕時計だと、話は別。薄いことが、美徳となる。グランドセイコー腕時計薄いケースは、エレガントな印象を高めるからだ。

機構がシンプルな薄型時計は、ビジネスシーンにおける王道。厚さ10mmを切った薄いケースは、タイトに絞ったシャツの袖口のドレス感を損なわずに収まり、手元の所作を美しく見せてくれる。そして物静かで知的な雰囲気を醸し出す。ムーブメントも当然薄く、組み立てには慎重さが求められる。

また同軸に取り付けられる各針の隙間もギリギリまで狭めねばならず、丁寧な作業が必須。結果、上質さを高める薄型時計は、モノの本質を知る大人にこそふさわしい。

GRAND SEIKO(グランドセイコー)
グランドセイコー記念モデル
服部金太郎生誕160周年記念限定モデル SBGZ005
創業者の生誕160周年を祝し、初代GSの姿をプラチナで再現。放射模様を施した優美なダイヤルは、打ち出しでロゴや秒目盛りなどを設え、薄さの中に立体感を育んだ。84時間駆動のスプリングドライブを搭載。限定50本。手巻きスプリングドライブ。径37.5mm。プラチナケース。クロコダイルストラップ。1050万円(セイコーウオッチお客様相談室)

【関連記事】:芸能人も愛用している遊び心のある腕時計—セイコー