記事一覧

同じ価値観を共有する証し。“2人でツナガル”ペアウォッチ

ペア使いで2人の絆を確かめ合う。言葉にすると照れ臭いものがあるが、実際、「服は難しくても時計なら」というニーズも増えているそう。なるほど、“共感”がさりげなくカタチになるペア使いは、やってみると悪くない。何かの記念に贈り贈られしてみては。



左●HERMÈS エルメス
男性用●ケープコッド TGM
女性用●ケープコッド PM
海の香りを纏い、エレガンスを湛えるタイムピース
アメリカは東海岸の岬の名を冠した「ケープコッド」は、1991年に発表されたエルメスの代表作。錨の鎖をモチーフとしたメゾンを代表する傑作ジュエリー「シェーヌ・ダンクル」から着想を得て、アンリ・ドリニーがデザインしたものだ。

ラグと無理なく一体化させたケースに正方形のダイヤルを収め、インデックスに採用した軽やかでセンスの良いフォントが特徴。男性にはサンレイとギョーシェを組み合わせたグレーダイヤルが精悍なモデルを。女性にはドゥブルトゥール(=2重巻き)のアリゲーターストラップがエレガントなミニモデルを。男性用●SSケース、縦33×横33mm、自動巻き。60万5000円、女性用●SSケース、縦23×横23mm、クオーツ。34万2000円/ともにエルメスジャポン 03-3569-3300

右●CARTIER カルティエ
男性用●タンク ルイ カルティエ LM
女性用●タンク ルイ カルティエ SM
普遍的な魅力を持つ名作で固く結ばれる絆
その名が示すとおり、タンク=戦車に着想を得たスクエアケースで工業化の幕開けとなった20世紀の訪れを表現した不朽の名作。直線と曲線を組み合わせたアール・デコ調のスタイルは、アンディ・ウォーホルやイヴ・サンローランといった多くのクリエイターを刺激し、タンク愛用者を表す“タンキスト”という言葉まで生まれた。

凛々しさとしなやかさが同居した、オリジナルに近いデザインの本作「タンク ルイ カルティエ」は、サイズ展開の多さも魅力でペア使いに最適。ともに新型の手巻きキャリバー8971MCを搭載する。男性用●K18PGケース、縦33.7×横25.5mm、手巻き。135万円、女性用●K18PGケース、縦29.5×横22mm、手巻き。108万円/ともにカルティエ 0120-301-757

TIFFANY & CO. ティファニー
男性用●ティファニー イースト ウエスト オートマティック
女性用●ティファニー イースト ウエスト ミニ
“ニューヨーク ミニット”を愛でる横向きのウォッチ



男性用●SSケース、縦46.5×横27.5mm、自動巻き。60万円、女性用●SSケース、縦37×横22mm、クオーツ。43万5000円/ともにティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク 0120-488-712
NY本店入り口に掲げられたアトラスクロックが刻む、大都市NYの可能性に満ち溢れた時。それは1940年代のトラベルクロックをベースとした横型時計にも同じように流れており、ときに勇気付け、鼓舞する存在として僕らに寄り添ってくれる。そして無二のタイムピースはペア使いにも最適。男性はギョーシェ彫りが美しい自動巻き、女性はティファニーブルーダイヤルの2重巻きストラップで都会の時を感じては。

ROLEX ロレックス
男性用●オイスター パーペチュアル デイトジャスト 41
女性用●オイスター パーペチュアル レディ デイトジャスト 28
永遠に輝くゴールド使いの“おソロ”で、仲良く末長く



男性用●SS×エバーローズゴールドケース、41mm径、自動巻き。117万円、女性用●SS×エバーローズゴールドケース、28mm径、自動巻き。83万円/ともに日本ロレックス 03-3216-5671
どんなスタイルにも、どんなシーンにも似合うベーシックな中3針モデル。COSC(スイス公式クロノメーター検査協会)による認定&厳格な自社基準をクリアした、自社製ムーブメントも信頼性が高い。美しい色を保つロレックス独自の合金、エバーローズゴールドとのコンビなら、輝きを失わない2人の関係に、いっそうの華を添えるはず。男性はサンダスト、女性はチョコレートと、色違いのダイヤルもセンス良し。

HARRY WINSTON ハリー・ウィンストン
男性用●HW ミッドナイト・オートマティック 42mm
女性用●HW ミッドナイト・オートマティック 29mm
ハレの場を盛り上げる、絢爛なドレスウォッチ



男性用●K18WGケース、42.5mm径、自動巻き。245万円、女性用●K18WGケース、29mm径、自動巻き。230万円/ともにハリー・ウィンストン 0120-346-376
ニューヨーク5番街にある本店のファサードをモチーフにした3時位置のケースデザインをアイコンとする「HW ミッドナイト」コレクション。世界最高峰のジュエラーだけあって、品良く個性を凝縮したホワイトゴールドケースから無類のエレガンスが漂う。黒のアリゲーターストラップとサンレイ装飾のシルバーダイヤルを備えたメンズ。ダイヤモンドがセットされたベゼルとMOPダイヤルを備えたレディス。絢爛なペアウォッチが煌めく時を刻んでくれる。

AUDEMARS PIGUET オーデマ ピゲ
男性用●ロイヤル オーク・フロステッドゴールド・オートマティック
女性用●ロイヤル オーク・フロステッドゴールド・クオーツ
無二の存在感を放つ、名作の“霜降りゴールド”


男性用●K18WGケース、37mm径、自動巻き。520万円、女性用●K18PGケース、33mm径、クオーツ。405万円/ともにオーデマ ピゲ ジャパン 03-6830-0000
表面に施された細かな凹凸が光を捉え、まるでダイヤモンドダストのように輝く。「フロステッド」とは、霜に覆われたようなマット仕上げのことで、フィレンツェに伝わる古の伝統技術の賜物だ。職人が特殊な工具を使い、パーツごとに鍛金加工を施して生まれる独特な質感は、ポリッシュ仕上げとの対比でさらに輝きを増す。八角形ベゼルやタペストリー装飾のダイヤルと相まって無二の存在感を放つ。まさにジュエリーウォッチという名に相応しい。


【関連記事】:あなたと暮らす、夏のファブリック

クエルボ・イ・ソブリノスからキューバ×日本 国交90周年記念の20本限定クロノグラフ発売

キューバと日本。古くは江戸時代に日本の使節団がハバナを訪れたことが文献に残っていたり、明治時代には日本人がキューバに移民として入植などを経て、現在は野球での文化交流をはかるなど歴史がある。オーデマピゲ コピーキューバと日本の国交は、1929年12月から正式に外交関係が開始され、今年で90周年を迎えるため、クエルボ・イ・ソブリノスから記念クロノグラフが発売された。

プロミネンテ クロノ キューバ×日本 国交90周年記念 限定モデル


プロミネンテ クロノ キューバ×日本 国交90周年記念 限定モデル
自動巻き。25石。28,800振動/時。SSケース(47mm×35mm)。パワーリザーブ約42時間。300 m防水。820,000円(税別)。限定20本。
プロミネンテはクエルボ・イ・ソブリノスのアイコンモデルであり、ブランド復活当初からの人気シリーズ。 アールデコ様式美を取り入れたステップドケース(段差付きケース)が特徴の「Prominente(プロミネンテ)」にクロノグラフを搭載して記念限定モデルとして発表された。

クエルボ独自の「タバコカラー」文字盤
 この限定モデルは、ブランドの人気色であるタバコカラーのダイヤルにタバコの葉を描いた、葉巻の香りが漂うような芳しい魅力を称えた限定モデルだ。



ケースバックには「CUBA JAPAN」の文字を配し2 国間の友情を表現
プロミネンテ クロノ

アールデコ様式を取り入れたステップドケース(段差付きケース)が特徴の「Prominente(時計スーパーコピー)」に、葉巻残りが漂うようなタバコカラーダイヤルが特徴の20 本限定モデル。



1940年代、砂糖需要の拡大によりのキューバはかつてない好景気に沸いた。それとともにCYSも絶頂期を迎え、作家のアーネスト・ヘミングウェイ、俳優のクラーク・ゲーブル、政治家のウィンストン・チャーチル、そして物理学者のアルベルト・アインシュタインなど当時の著名人たちの多くが、クエルボ・イ・ソブリノスの顧客名簿にその名を連ねたが、その後、キューバ革命などの政情不安により、営業停止を余儀なくされた。20世紀末、本格的にブランドが復活。現在はスイスのルノワールモンを拠点に、ハバナテイストを基調としたエレガントなモデルを生み出している。

【関連記事】:宮城県の高級情報

リシャールミルジャパン基金がチャレンジプロジェクト2021を実施

リシャールミルジャパン基金は今年、例年の寄付に加え、ブランドアンバサダーであるスポーツ選手たちの活躍に応じて寄付金を増額する「リシャールミルジャパン基金 チャレンジプロジェクト 2020」を実施する。

リシャールミルジャパン基金



リシャールミルジャパンは2011年に発生した東日本大震災に対する復興支援チャリティに始まり、2016年の熊本地震で被災した文化財の復元・修復活動を行う団体への寄付などを行なっている。カルティエ 時計ラグジュアリーブランドには助けを必要とする方々への支援を積極的に行う使命がある、という考えに基づき、国内外の団体へ寄付をしているリシャールミルジャパン。2018年には「リシャールミルジャパン基金」を設立し、より一層活動に力を入れてきた。

 基金設立以前から、リシャールミルジャパンはチャリティオークションを開催している。2018年には「RM 11-03 オートマティック フライバック クロノグラフ マクラーレン特別製作モデルプロトタイプ」(落札金額:4188万2764円)、2017年には「RM 030 パリ サンジェルマン 限定モデル」(落札金額:1899万9999円)などといった魅力的なタイムピースがオークションにかけられ、その落札金額がNPO法人カタリバ、熊本城・阿蘇神社等被災文化財復興支援委員会、一般社団法人 日本ゴルフツアー機構、ラファ・ナダル財団、YBアフレイド財団、バッバ・ワトソン財団など、提携する団体に寄付されている。

新たに追加された「チャレンジプロジェクト 2021」



2019年末に行われた2020年決起大会において選手から発案されたのが、スポーツ界で活躍する彼らの活躍に応じて寄付金を増額する「チャレンジプロジェクト 2020」だ。

 プロゴルファーの宮里優作選手、青木瀬令奈選手、成田美寿々選手は、国内外レギュラーツアーにおいて1バーディー獲得するごとに1万円がカウントされる。プロスノーボーダーの竹内智香選手は2022年の冬季世界大会への出場決定すると500万円、プロドライバーの中野信治選手はピレリ耐久シリーズ公式戦において1位〜3位を獲得するごとに50万円、同じくプロドライバーの松下信治選手はF2公式戦において1位〜3位を獲得するごとに30万円がカウントされる。また中野信治監督率いるレーシングチーム「チーム無限 MUGEN Super Formula」、「チーム無限 MUGEN Super GT500」は、公式戦において1位〜3位を獲得するごとに10万円がカウントされる。


【関連記事】:大分県のファッション情報

リシャール・ミルの最新作、チタンの軽量性とダイヤモンドの硬度を兼ね備えた「RM 1105 オートマティック フライバック クロノグラフ GMT

リシャール・ミルの最新作「RM 1105 オートマティック フライバック クロノグラフ GMT」が発表された。新素材開発に妥協を許さないリシャール・ミルの徹底的な研究から誕生した、ブランドの精神に忠実なグレーサーメットをベゼル使用。時計製造界におけるリシャール・ミル独自の素材であり、チタンの軽量性とダイヤモンドの硬度を兼ね備えている。

究極の軽量性を実現した最新モデル


自動巻きムーブメントにはチタンを採用。主な機能としては、9時位置のプッシュボタンで簡単に調整できるGMT表示、24時間フライバッククロノグラフ、そしてアニュアルカレンダーを搭載。
■RM 1105 オートマティック フライバック クロノグラフ GMT
自動巻き(cal.RMAC3)。68石。28,800振動/時。フライバッククロノグラフ。アニュアルカレンダー。カーボンTPT®ケース(50,00 x 42.70 x 16.15 mm)。パワーリザーブ約50時間。50m防水。世界140本限定。2460万円(税別)。



サーメットの独特なグレーの色合いは、ジルコニウムの金属マトリックスと高性能セラミックスの組み合わせによるものだ。製造は、きわめて厳密に行う必要がある。サーメットの物理特性は広く認められており、防弾用具、航空宇宙における胴体外側の部品、そしてレーシングカーのブレーキに使用されている。サーメットは密度が4.1g/cm3、そして2,360ものビッカース硬度を誇ることから、非常に傷が付きやすいベゼルに最適な素材であるだけでなく、時計全体の軽量性も保つことができる新素材だ。「RM 11-05 オートマティック フライバッククロノグラフ GMT」は、カーボンTPT®製ミドルケース、グレード5チタン製ケースバック、そしてグレーサーメット製ベゼルという組み合わせで大幅な軽量化を図り、腕元に究極の軽量性を実現した最新モデルである。



リシャール・ミル独自の設計により、ユーザーの使用環境に合った効果的な主ぜんまいの巻き上げが可能。フィンの配置の設定を調整することによりローターの慣性が変化し、腕の動きが緩慢な場合は巻き上げ速度が増しスポーツ活動中は巻き上げ速度が下がる。結果として、この発明によりムーブメントの巻き上げメカニズムの最適化が可能となり、ユーザーのライフスタイルに合わせて最適に調整できるようになった。

ラルフ ローレンから戦前の名車に着想を得た「オートモーティブ クロノグラフ ウォッチ」が登場

ラルフ ローレンは、創業者ラルフ・ローレンが所有する1938年の自動車、ブガッティ「タイプ57SC アトランティーク・クーペ」からインスピレーションを得て製作された「オートモーティブ クロノグラフ ウォッチ」を発表した。木製のハンドルをイメージしたベゼルや計器を思わせるインダイアルなど、伝説的なアトランティーク・クーペを時計のデザインに取り入れた1本となっている。



ラルフ ローレン「オートモーティブ クロノグラフ ウォッチ」
自動巻き。パワーリザーブ約65時間。SS(直径42mm)。98万9000円(税別)。


戦前の名車をオマージュした「オートモーティブ クロノグラフ ウォッチ」
 1936年から38年にかけて、たった4台しか製造されなかったブガッティ「タイプ57SC アトランティーク・クーペ」は、第2次世界大戦前に作られた自動車の中でも最も美しい自動車のひとつと言われている名車だ。ラルフ・ローレンはそのうちの1台を88年から所有しており、今回、その車をモチーフとして新作時計「オートモーティブ クロノグラフ ウォッチ」がデザインされた。



マットブラックのケースを持つモデルもラインナップされる。どちらのケースもブレスレットとアリゲーターストラップの2種類が展開される。
 木目が美しいアンボイナ・バール材で作られたベゼルは、クーペ・アトランティークの木製のステアリングホイールをイメージしたもの。マットな質感のブラックダイアルには、車の計器を彷彿とさせるふたつのインダイアルが並ぶ。12時位置には、ブランドのイニシャルである「RL」を組み合わせたロゴマークが配されている。

 搭載するのは、ジャガー・ルクルト社がラルフ ローレンのために製作した自動巻きムーブメントだ。コート・ド・ジュネーブとペルラージュが施されたこのムーブメントは、約65時間のパワーリザーブを持つ。ストラップはブラックのアリゲーターストラップとステンレススティール製ブレスレットの2種類がラインナップされる。どちらもクリックリリース式のピンバーを採用し、交換可能な仕様となっている。


【関連記事】:最も適切の腕時計