記事一覧

レベリオン(REBELLION TIMEPIECES) 2021年新作

サファイアクリスタル製のケースで造り上げた「RE-VOLT SAPPHIRE」
「RE-VOLT SKELETONIZED」をサファイアクリスタル製のケースで造り上げたエクスクルーシブモデルです。スーパーコピー時計このモデルはサファイアを使用した3つの新しい半透明ケースを備えており、その透明度が最大の魅力です。



時計職人のこだわりは、サファイア製のリューズ等細部にまで及びます。ケースは男性的なシルエットでハイテク感を表現しながら、メカニズムの性能も追求しました。オープンワークのダイヤル上の針とインデックスにはスーパールミノバ®が使用されており、あらゆる状況での視認性を確保します。ジラール・ペルゴダイヤルもシースルーのRE-VOLTは、風防・ケースバックともにサファイアクリスタルにすることで時計にさらなる透明度を与え、時計の美学を完成させています。



概要】
RE-VOLT SAPPHIRE
Ref: REV.SA.WHITE
・限定本数:各1本 
・販売価額:17,556,000円(税込)(※写真のモデルの価額になります)
・ケース素材:サファイアクリスタル ・風防:反射防止サファイアクリスタル
・ケースバック:反射防止サファイアクリスタル
・ケースサイズ:38.50mm x 40.35mm x 13.50mm
・防水:50m / 5 ATM
・ムーブメント:自社製ムーブメント 手巻き



・ムーブメント部品総数:165
・ファンクション:時針、分針
・石数:21 石 ・振動数:4Hz (28,800vph)
・パワーリザーブ:48 時間
・ストラップ / バックル:加硫ラバー/ Dバックル


【関連記事】:セレブに愛されるレプリカショップ

まず知っておくべきは“最高峰”。極限を切り拓く「マナスル」


ヒマラヤ山脈に連なる標高8,163mの名峰・マナスル。世界中の登山家から崇敬を集めるこの山の名が冠されたコレクションが「マナスル」だ。日本人として初めて8,000m峰14座の完全制覇を成し遂げたプロ登山家、竹内洋岳氏の協力のもと開発されたこのモデルの最大の特徴は高度な視認性にある。高所での登山は濃霧や吹雪に見舞われることも多く、加えて酸素が希薄なため、意識が朦朧とすることも少なくない。そんなとき、腕時計から得られる情報は生存のカギを握ることになる。パネライ時計 ルミノールそのため、「マナスル」ではいかなる環境下でも瞬時に情報を読み取れるよう黒ダイヤル×白インデックス&針で設計されているのだ。さらにトリプルセンサーの進化版である“トリプルセンサーVer.3”やタフソーラー、世界6局の電波を受信するマルチバンド6といったフィールドで役立つ機能を装備。そんな高スペック時計にもかかわらず、「マナスル」のデザインはじつにスマート。各パーツの色数が絞られ、かつ余分な装飾性がそぎ落とされた姿には機能美という言葉がしっくりくる。



『プロトレック』の最上位モデル「マナスル」は、過酷な本格登山を志向するモデルだけあってとにかくタフだ。主要な金属部分には強度と軽量性に優れたチタン素材を使用。さらにチタンカーバイト処理によって耐摩耗性も高められている。また、サファイアガラスの風防や、耐摩耗性を高めるDLCコーティングが施されたステンレスベゼルなどタフさが徹底的に追求されている点にも注目したい。10気圧防水。樹脂×チタン×SSケース、サイズ59.7×52.5mm、クォーツ式。



ブラックの文字盤に映える大型の白いインデックスと針も「マナスル」の特徴の1つである。他のパーツはあえて目立たないようレイアウトと配色を工夫することで、時刻と計測データが把握しやすくなっている。こちらのモデルはベゼルだけでなく、バンドやリューズ、ボタン、裏蓋などにもDLCコーティングを施すことでさらに耐摩耗性を向上させた1本。10気圧防水。樹脂×チタン×SSケース、サイズ59.7×52.5mm、クォーツ式。


【関連記事】:http://reflecting.top

ペキニエ マニュファクチュール フェア<西武福井店>


時計史上、避けて通ることは出来ないフランス時計製造の<伝統>と
250年ぶりに時計の基本構造を真に進化させた<革新>を併せ持つ、唯一無二の存在。
“頭脳と技術の結晶である機械式時計”その真の価値を求める貴方に。
One and Only
巻き上げ〜輪列〜カレンダー、その全てがストレスフリー
常識を覆す“ドリームキャリバー<Calibre Royal>”



ペキニエは1960年代には250ものメーカーが隆盛を誇りながらも1970年から1980年代にそのほとんどが姿を消してしまったフランス時計産業において、その復活を担う唯一のフレンチ マニュファクチュールです。


  そして現在、フランス経済・財務・産業省から、「Entreprise du Patrimoine Vivant (EPV)」の認定ラベルを付与され「名高い、あるいは古くから受け継がれた稀少なノウハウによって構成され、伝統的技術あるいは一定地域に根ざした高度な専門性の熟練に基づく経済的文化財を有するフランス企業」としてフランスの無形文化財企業という名誉を担っています。


  そのペキニエが誇る<カリブル ロワイヤル>コレクションが一同に揃うペキニエ マニュファクチュール フェアが西武福井店にて開催されます。是非ご来場ください。


【関連記事】:すべての最高級のデザインは私たちの生活と切り離せない

ヴァシュロン・コンスタンタンから「女性エグゼクティブ」にふさわしい、自動巻きトゥールビヨンの時計が登場

老舗ラグジュアリーブランドの中でも、ひときわ古い歴史を誇るヴァシュロン・コンスタンタン。

名工たちが何世代にもわたって積み重ねた、世界最高峰の技術と洗練されたスタイルを表現し続ける、時計好きなら誰しも一度は手にしたいと願うブランドです。

そんなヴァシュロン・コンスタンタンから、tote711パロディこの秋に発売される予定の、新作ウォッチのニュースが届きました。

ブランド初!自動巻きトゥールビヨンを備えたレディス時計



左/『トラディショナル・トゥールビヨン・ジュエリー』¥22,800,000(参考予価)【ケース:18Kホワイトゴールド・ダイヤモンド、ストラップ:ブルーのサテン、ブルーのアリゲーターレザー、ケース径:39mm、ムーブメント:キャリバー2160】・右/『トラディショナル・トゥールビヨン』¥16,400,000(参考予価)【ケース:18Kピンクゴールド・ダイヤモンド、ストラップ:グレーのサテン、グレーのアリゲーターレザー、ケース径:39mm、ムーブメント:キャリバー2160】(ヴァシュロン・コンスタンタン)
ヴァシュロン・コンスタンタンを代表するコレクションのひとつ、『トラディショナル』。

今秋お目見えするふたつのモデル、『トラディショナル・トゥールビヨン』『トラディショナル・トゥールビヨン・ジュエリー』は、その名の通り、ヴァシュロン・コンスタンタン初の自動巻きトゥールビヨンを搭載しています。

皆さんもご存じの通り、伝統的な機械式時計は、着用時の腕の動きによってかかる重力の差により、少し時間がずれてしまうことがあります。

その重力の歪みを自動で補正するべく、生み出された技術がトゥールビヨン。

今では時計の世界三大複雑機構のひとつと言われるほど、複雑で繊細な技術が求められ、その芸術的なまでの機能美が、人々を魅了し続けています。



マザー・オブ・パールのダイヤル浮かぶトゥールビヨン
繊細な光沢を放つマザー・オブ・パールのダイヤルにも、トゥールビヨンの周りを46個のダイヤモンドが王冠のように取り巻いています。

一方、象徴する超薄型ケースや細身のドルフィン針、バトン型インデックスなど、『tote711 届かない』コレクションを象徴するデザインはしっかり踏襲しつつ、新たな表現力を見せつけています。

手首になじむサテンストラップのほか、2本目のストラップとして、グレーのアリゲーターレザーも付属しています。

【おすすめの関連記事】:http://hiromi.top